果たして誰が買うのか

雛人形は、女児が生まれた家庭では健やかに育ってほしいという祈りを込めて送られるお祝いの品です。男児に対する五月人形、新生児の初正月に対する羽子板や破魔弓と合わせて、日本古来の親心を今に伝える製品として、女児が生まれたら雛人形をプレゼントする文化があります。
ここで問題となるのが、雛人形は一体誰が買うのか、という点です。決して安い買い物ではない上に、地域によって風習も違っているため、様々なパターンが考えられることから、自身の親とパートナーの親との板挟みに遭うことも少なくありません。まずここで知っておきたいのは、一方的な意見を押し通すのではなく、色んな意見があることを踏まえて女児の親自身が、雛人形をどうするのか真剣に考える必要があるということです。

実際に雛人形を買うとして考えられるパターンとして、妻側の親が購入してプレゼントするケースが一般的だといわれています。なぜなら、嫁入りの文化が根付いている日本では、自分の娘に親が会いにいける機会が昔は今ほど多くはなかったため、孫の顔と娘の顔を見るための口実として古来の風習を活用してきたという背景があるからです。
この考え方が一般に浸透している傾向にあるため、例えば夫側の親が購入しようとしている場合や、夫婦が自身で購入しようと考える場合は、まず妻の親に伺いを立てるのが無難です。ここを最初に抑えておかないと、話が混乱する懸念が生まれます。
妻の親をクリアしたら、次は夫の親と夫婦の相談です。親同士の関係が良いなら、みんなで集まって相談をするのもよいでしょう。今では夫婦の親が折半して購入したり、夫婦が自分で購入したりする考え方も生まれているため、雛人形購入を検討するなら最終的には夫婦がパイプ役になるのが大切です。